fusion_place | フュージョンプレイス

フュージョンプレイス

1つのツールで優れた意思決定を支える経営管理スイート「fusion_place」


Excelメタボの解消からグループ経営管理まで

経営環境の変化に追随、小さく始め大きく育てることを可能にした「マネジメント・インテリジェンス」ツール

経営管理システムとは

企業をはじめとする事業体は、活動を効果的に遂行していくために、計画を策定し、業務実績を計画と対比・分析・報告し、必要に応じ事業計画を修正するといったサイクルを、様々な階層で実行します。

主に数値・金額データを用いて組織の活動を計画し、業務実績を把握・分析・報告し、アクションに反映する仕組み全体をフュージョンズは「経営管理システム」と呼んでいます。予算管理/管理会計がその中核ですが、販売計画/在庫計画など機能・活動レベルで策定される業務計画もこれに含まれます。

経営管理システム | 適用例:事業計画・中期計画、KPIとその分析情報の見える化、グループ経営情報の一元管理、連結決算早期化、予算編成の迅速化、四半期予算/ローリングフォーキャストの導入、非財務情報を含めた経営/管理会計報告、売上見通し管理、PSI情報の集約とアクションプランの策定

fusion_placeは、経営管理の各領域において、主管部署内の業務効率化から関連部署を巻き込んだ業務モデルの確立まで、幅広くサポートいたします。

課題の例:経営レベルの問題

経営レベルの問題

Q 業績報告のタイミングが遅すぎる。報告資料に誤りがある。報告数字の算出過程がブラックボックスで何が良いのか悪いのかわかりにくい。会社は成長しているのに旧態依然の報告様式を修正できない。・・・

A 解決策へジャンプ

Q 予算編成に時間・労力がかかりすぎている。

A 解決策へジャンプ

Q 月次で予実管理はしているが、期末に向けての見通しがわからない。見通し精度が高くない。

A 解決策へジャンプ

Q 予算管理用のツールの提案はあるけど高額である。導入したものの、設定が固定的ですぐ利用できなくなった。

A 解決策へジャンプ

課題の例:業務レベルの問題

業務レベルの問題

Q 予算集計や実績管理の業務が不効率。スピードが遅い。一部の人に集中(属人化)。資料の作成に手一杯で、分析・対処に手が回らない。・・・

A 解決策へジャンプ

Q BIツールを導入したけれど、結局、BIツールのデータをExcelに貼り付けて資料を作成している。

A 解決策へジャンプ

Q 経営情報の管理のためにBIや予算編成ツールを導入したけれど、とても実用的なパフォーマンスでない。

A 解決策へジャンプ

製品

  • ライセンスフリーで始める<br />経営管理システム<br /></br>fusion_place standard なら、 Excelメタボの解消から小さく始めることが可能です。 ライセンスフリーで始める
    経営管理システム

    fusion_place standard なら、 Excelメタボの解消から小さく始めることが可能です。
  • 経営管理スイートの決定版</br><br /></br>fusion_place premium は、フュージョンズが提供するソリューションの中核となるソフトウェアです。 経営管理スイートの決定版


    fusion_place premium は、フュージョンズが提供するソリューションの中核となるソフトウェアです。
  • クラウドサービスで楽々</br><br /></br>クラウドサービスで、システム運用に伴うリスクと負荷を低減。障害対応、バージョンアップなどの作業が軽減します。 クラウドサービスで楽々


    クラウドサービスで、システム運用に伴うリスクと負荷を低減。障害対応、バージョンアップなどの作業が軽減します。

メイコー様がfusion_placeによる経営管理システムの本格展開を決定されました

株式会社メイコー様(http://www.meiko-elec.com/)が、fusion_placeによる経営管理システムの本格展開を決定されました。

メイコー様は、経営管理システム基盤「fusion_place」の本社部門への導入をわずか2か月で完了し、経営管理業務全般を支援するプラットフォームとして本格展開を開始されました。

従来、様々な切り口での収益分析・報告のためにAccess、Excelを駆使していましたが、業務手順が属人化し、また多くの時間を要することに問題を感じていました。こうした傾向に歯止めをかけ、分析・報告業務を見える化し、効率とスピードも改善する必要がありました。また、中長期的な成長をにらみ環境変化に対応していく観点から、Excelに過度に頼らずに経営管理の各領域のシステムを持続的に改善/成長し続けるためのシステム基盤の必要性も強く認識されていました。
実際の利用を通じこれらメリットを確認・検証し、かつ、本格導入に備えたスキルを蓄積するため、まずは「fusion_place」を部門別管理区分別損益管理業務領域において導入するに至ったものです。

プロジェクトは、経営管理部と情報システム部のメンバーが推進し、フュージョンズのコンサルタントが支援しました。2015年3月中旬より検討及び設定作業を開始し、4月には本社導入を完了、5月から稼働すると共に、次の業務領域に対する本格展開の準備に着手しています。

フュージョンズは、このような取り組みをお支えするソリューションとサービスをご提供していく所存です。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

2015年5月25日

代表取締役社長 村瀨司

〈リンク〉
弊社プレスリリース

PAGETOP