マネジメントチーム

戒能 尚範 代表取締役社長

略歴

大手SI会社にて基幹システムの設計、開発に従事した後、アンダーセン(現PwC)にて、連結決算、管理会計分野のコンサルティング、システム導入に従事、また同分野ソフトウェア製品のローカライズ、保守業務を統括。その後外資事業会社のコントローラ、国内事業会社IT部門長、国内コンサルティング会社を経てフュージョンズに参画。

杉本 啓 マネージング・ディレクター(製品開発・サービス統括)

略歴

アーサーアンダーセン(後アンダーセンコンサルティング、現アクセンチュア)、アンダーセン(現PwC)等会計事務所系コンサルティングファームにて、業務改革、システム構築プロジェクトを多数実施、連結会計パッケージソフトウェアの開発責任者、およびアンダーセンの Hyperionビジネスの西日本地区責任者を兼務。 2003年、独立し fusion_place 開発/導入支援を中心に活動。
 

白石 善久 マネージング・ディレクター(営業・アライアンス統括)

略歴

日本総合研究所、アンダーセン(現PwC)にて、グループ経営管理のための業務改革、業績評価基準の策定、予算業務改革、システム設計、導入、保守を担当。独立し、内部統制整備支援、制度連結業務改革、グループ経営管理システム、制度連結システム、PLMシステム(設計変更、構成管理、ドキュメント管理)等の要件定義、システム導入など様々なコンサルティング活動を実施の上、フュージョンズに参画し、制度連結・管理連結業務、経営管理業務、予算管理業務の改革、およびシステム上流コンサルティング(現状調査、要件定義)・設計・導入に強みを持つコンサルタントとして活動中。
 

尾澤 弘康 ディレクター

略歴

会計事務所系コンサルティングファーム、大手製造業、独立系コンサルティングファームにて、
業務プロセス改革、組織改革、経営管理改革、IT戦略など、幅広い改革・戦略立案と実行支援のコンサルティングを手がけた後、フュージョンズに参画。
現在は、経営管理領域プロジェクトを中心に活動中。
特に、海外駐在経験を活かしたグローバルベースでのプロジェクトに多くの経験と実績を持つ。
 

PAGETOP