多段階コード変換も可能なデータインポート

経営管理の基礎となるデータは、多様なデータソースから取得しなければなりません。

fusion_place は、柔軟なコード体系変換が可能で運用面にも配慮したデータインターフェース機能を提供しています。

コード体系を変換するのではなくそのまま取り込みたい場合に備えて、関連システムのマスタデータをもとに、fusion_place のマスタである「ディメンション」を自動アップデートする機能も用意されています。

fp-data-import

(図をクリックして拡大)
PAGETOP