ドリルダウン可能なユーザ定義帳票/画面

営業本部において売上予算を集計したところ、まだ目標値に届いていない。どの地域、どの支店の売上予算が事前の想定より低いのか、集計の階層に従ってドリルダウンして確認したい。
事前の見通し数値と実績値の差異が想定より大きく出ている。想定外の実績がどのようなものか、伝票にさかのぼり確認したい。

このような経営管理上のニーズに、fusion_placeは簡単にお応えできます。

列や行、あるいはセルをクリックして、詳細を表示するフォームに遷移するような設定が容易にでき、遷移先は同じフォームとすることも別のフォームとすることも可能です。

必要な情報に、必要な画面から直接照会可能な環境、経営情報ポータル環境の構築が可能となります。

ドリルダウン

PAGETOP