リアルタイムで更新可能な高速多次元データベース

データを照会できるだけでは、予算や見通しを作ることはできません。配賦や修正の必要性を考慮に入れると、実績報告さえも作れない場合が多いのです。

fusion_placeの多次元データベースでは、リアルタイムでデータを更新し、その結果を即座に集計することが可能です。集計処理を実行しなくとも、データを更新した瞬間に集計値も最新化されます。

このような特長を備えているため、基幹システムのデータを取り込んで提供するだけでなく、データ修正と確認の繰り返しを伴う予算編成や決算予測、管理会計報告作成などの業務にも fusion_place は適しています。

また、経営管理業務でのデータ処理ニーズは、多次元集計に留まりません。fusion_place は、実務的ニーズに応えるために必要な基礎的な機能を織り込んだ多次元データ管理機能を提供しています。

fw_on-memory-realtime-db

(図をクリックして拡大)

 

多次元データベース:multi-dimentional database

複数の分析の切り口によりデータを保持し、集計データの取得、集計データの内訳の分析、別の切り口による分析等を行う仕組みとして活用が進んでいます。一般的には素早い検索に対応するため、各次元のキーの組み合わせに対応する集計結果の一部をあらかじめ用意しています。

多次元データベース
(注)多次元データベース製品の多くでは、属性項目のすべての組み合せに対する集計値を保存している訳ではなく、一部を保存しておき、残りは検索時に算出する戦略が取られています。この場合でも、最小単位のデータを更新すると、保存されている計算結果を捨てて再計算することが必要となるため、更新処理には一般に時間がかかりがちです。

(図をクリックして拡大)

 

fusion_placeのデータ保持イメージ

fusion_placeでは、データを分類・分析したい複数の切り口を「次元/ディメンジョン」として定義(多次元)し、これらの組み合わせにより、データを保持する「CUBE/元帳」を構成します。
fusion_placeのデータ保持イメージ
※:fusion_placeでは、これ以外にも会計年度・相対期間・シナリオ・表示形式・増減科目等のディメンジョンが必須です。

(図をクリックして拡大)

オンメモリ・リアルタイム集計

各次元メンバのツリー構造や、貸方/借方などのプロパティ情報を定義することにより、それらに従った集計計算等をfusion_placeがオンメモリ・リアルタイムで行います。このため、集計計算等で計算可能なメンバ以外のメンバ(「リーフ」という)別に分類された情報をCUBE:元帳に保持・更新することで、更新内容を反映した集計計算等の結果をリアルタイムで参照することが可能です。
オンメモリ・リアルタイム集計

(図をクリックして拡大)
PAGETOP