業務共通:Excelメタボ解消

業務共通:Excelメタボ解消

予算編成と予算管理・管理会計を含む経営管理業務の領域では、Microsoft Excel®が広汎に使用されています。Excel(エクセル) は便利な反面、さまざまな問題を引き起こしてもいます。そうした問題群を私たちは「Excelメタボ」と呼び、fusion_place を用いてその解消をお手伝いしています。

経営管理業務を取り巻く現状

財務開示の重要度が増すにつれ、それを映す形で、予算管理/管理会計に関する経営者の期待が大きくなっています。 一方、経営管理担当部署は日々の仕事に忙殺され、その期待に、必ずしも十分に応えられていません。

reality-of-mgmt-function

(図をクリックして拡大)

経営管理業務を取り巻く現状:Excelメタボ

予算管理/管理会計は、基幹業務のシステム化の取り組みから取りこぼされてきた領域です。ユーザは様々なシステムから情報を取得し加工することを余儀なくされ、その仕事の現場は、Excel(エクセル)の独壇場の様相を呈しています。そのように積み重ねられた Excel の山は様々な問題を引き起こしています。こうした状況を、私たちは「 Excel メタボ」と呼ぶことにしました。

excel-metabo

(図をクリックして拡大)

経営管理業務の典型的な姿

下図は典型的な「Excelメタボ」状態です。元データ・元資料から始まり月次予実などの報告資料まで一連のExcel(エクセル)ファイルが、複雑な計算式で、あるいは手作業による再入力で繋がっています。

mgmt-system-messed-up

(図をクリックして拡大)

Excelベースの経営管理業務にまつわる問題点

こうした、Excel(エクセル)ベースの予算管理/管理会計にまつわる問題(Excelメタボ)は、広く認識されており、海外では「Spreadsheet Nightmare」、日本では「Excelレガシー問題」と呼ばれています。

excel-metabolic-syndrome

(図をクリックして拡大)

経営管理業務のあるべき姿

前述したような問題は、Excel(エクセル) の「使い過ぎ」が原因です。Excel はレポートの作成や複雑な計算には向いていますが、大量データの管理には不向きです。予算管理/管理会計を中心とする経営管理業務をうまくシステム化するには、Excel と、専用のデータ管理ツールを、適材適所で組み合わせる必要があります。

mgmt-system-stream-lined

(図をクリックして拡大)

基盤ソフトの必要性

しかしデータの一元管理は、「言うは易く行うは難し」の典型です。一元化のインフラは、データを保持するだけでは不十分だからです。経営データを簡単に取り扱うための「基盤機能」が必要です。そうした基盤の上でこそ、本当にエンドユーザ主体で、Excelメタボを解消し、整流化された「仕事の仕組み」を構築することが可能になると、私たちは考えています。

necessity-of-mgmt-infra-software

(図をクリックして拡大)

fusion_place は、まさにこうした基盤機能を提供する経営管理スイート製品です。

PAGETOP