お客様の声

お客様に永くお付き合い頂けることは、私たちの喜びとするところです。お客様から頂戴した言葉のひとつひとつを大切にして参りたいと思います(社名の五十音順にご紹介させて頂きます)。

アイセイ薬局

株式会社アイセイ薬局

事業本部 事業支援部 次長 片野 哲雄 様
チェーン薬局会社として弊社は毎年薬局店舗が増加し、おかげさまで300店舗を超える現状となっています。予算作成および予実管理ではこれまでEXCELを用いてきましたが、集計工数や精度の限界が数年来の課題となっておりました。
そうした状況下でセミナーにてfusion_placeを知り、

  1. 既存のExcel資産の活用・反映が容易である
  2. 経営管理を意識したシステムとなっており、会計データの取り込み等においてシステム設計しやすい構造を備えている
  3. 提供会社様の担当者がシステムだけではなく経営コンサルの知識を持ち、業務最適化に向けての適切なアドバイスも期待できる

というような点から導入を決定し、2014年末からプロジェクトをスタートいたしました。
まずは予実管理業務に着手し、導入開始から3か月足らずで成果が出ました。その後、第2フェーズでは予算作成業務に取組んだほか、会計データ以外の、たとえば来局数や店舗工数等データを取込み、様々な切り口で集計・分析し、関係者に迅速な情報提供を行える体制に至っております。
これらの背景として、 fusion_placeによる集計・配信工数の大幅削減が可能となり、限られた人的リソースで今後の事業拡大にも耐えうる体制基盤が整ってきたと考えております。

あすか製薬株式会社

あすか製薬株式会社

管理本部 経営企画部長 小林 秀樹 様
予算編成業務や実績管理業務におけるExcelシートによるデータ収集、分析といった作業は、煩雑であり非常に手間が掛かっていました。また追加予算の申請・承認のプロセス統制も手管理となっていたため、業務上の誤りが生ずるリスクも抱えていました。
このような中、フュージョンズのセミナーでfusion_placeの紹介を受け、テンプレートの適用による予算編成業務や実績報告業務の効率化、統制強化ができるものと判断しました。
導入にあたっては、設計から運用に至るまでフュージョンズのご担当者の丁寧な指導と的確な助言をいただき、スムーズに運用を開始することができました。また、導入時だけでなく、導入後のシステム運用に関する問い合わせにも、非常に迅速かつ親身になって対応していただいております。
fusion_placeの専用画面により構築された業務フローは効率化されていることに加え、必要な統制機能も適切に設定されているため、当社メンバーが簡単なメンテナンスを行うことで継続的なシステム運用が可能となっています。業務の対象範囲も徐々に拡大し、今では当社の予算・実績管理業務の中核を担っています。当社にて簡単にメンテナンスができますので、変化に対応しながら、適切に経営管理業務全般に適用していきたいと考えています。

itscom-logo

 イッツ・コミュニケーションズ株式会社

経営統括室 アシスタントマネージャー 関水絢平様
ケーブルテレビという事業の特性を踏まえて月次経営報告の充実を図る中で、FusionPlace(fusion_place の旧ブランド名) の紹介を受け、採用しました。採用以前に経営報告資料のデザインは一通り行ったものの、損益情報に加え、多量の基礎データの加工を必要とする営業情報の加工・作表は困難を極め、継続的運用に不安がありましたが 、FusionPlace の適用によって、設計した通りのExcelシートに簡単にデータを落とし込むことができるようになり、円滑に新報告制度を立ち上げることができました。加えて、その後の運用においては、経営陣からのフィードバックをもとに我々自身で報告資料を改善することができ、当社の経営管理のレベルアップに貢献できたと考えています。今後も、製品機能・サービス・コンサルティングを含め、当社の経営管理システムの高度化に貢献して頂けると期待しています。

endo-logo

株式会社遠藤照明

経営企画室長 松澤 聡 様
LED需要の伸張に伴う急激な業績拡大を背景に、現行予算システムのレベルアップを検討していたところ、かねてより付き合いのあったタッチポイントコンサルティング社から fusion_place の紹介を受け、全面的にリプレースする方向に切り替えました。
第1ステップでは予算編成を対象とし、売上予算の組み立ての見直し、予算編成における各部署の責任の明確化などを図りました。続いて、月次での実績管理(差異分析コメント報告)、期末見通しにも適用し、600名規模で運用しています。売上についてはさらに、現場での案件情報を踏まえた見通し管理システムを組み、精度向上を図りつつあります。
fusion_place は、柔軟性が高く、当社独自要件にフィットさせやすい点、又、稼働後もユーザ自身による改善/拡張が可能な点にメリットを感じています。今後とも、当社経営管理システムの基盤として活用していきたいと考えています。

takasho-logo

 株式会社タカショー

執行役員経営管理本部長 井上淳 様
基幹システムの再構築を図るなかで、管理会計部分に FusionPlace (fusion_place の旧ブランド名)を採用しました。
従来は管理会計用に巨大な Excelシートがあり、その管理が頭痛の種でしたが、FusionPlace の適用によりそのシートを廃止することができ、また、複雑だった配賦処理も簡素化することができました。
その後、予算編成や販売計画・在庫状況管理など他の業務分野にも FusionPlace を適用し、支援を受けながら段階的にプロジェクトを推進しています。
一気に全てを構築するのではなく、ステップ・バイ・ステップで進められ、また、結果を見ながら軌道修正できるところにメリットを感じています。
今後も、当社として経営管理の制度・業務・システムを構築していく際のパートナーとして、貢献して頂けることを期待しています。

当社では従来、会計データをダウンロードし、Excel 上で組替・修正して単体業績資料を作成していましたが、シートが複雑化し、組織変更対応などに苦労していました。
開発元がベンチャー企業ということで不安もありましたが FusionPlace(fusion_place の旧ブランド名)を採用したところ、従来のシートのレイアウトはそのまま保ちながらデータを一元化し、シートの計算式も著しく削減・簡素化することができました。
短期間で業務の効率化を実現できたこともさることながら、その後2年間、社員自ら FusionPlace を活用して報告資料の変更、高度化などに対応して来ることができ、大変、満足しています。
新たに体制を充実されたことにより、今後もさらに、製品・サービスを充実されることと期待しています。

日本デジタル配信

日本デジタル配信株式会社

事業戦略企画推進本部 事業運営部 マネージャー 今井 弘文 様
 弊社は、2000年の創立以来、全国のケーブルテレビ事業者様が抱える様々な課題を解決することを目的としたソリューションの提供に取り組んでいます。
 この数年、ケーブルテレビ事業者様が提供するサービスが多様化・高度化し、弊社の事業範囲や規模は急激に拡大しました。しかし、従来からのExcelベースの管理方法では集計作業に非常に時間がかかるだけでなく、転記ミスによる間違いも発生する等、特に新サービスといったタイムリーな分析と判断を要する場面が多いプロジェクトの進捗管理において、肝心の定量的なレポートが不十分な状態でした。
 そんな折、弊社のグループ企業で非常によい経営管理ツールを使っていると紹介を受けたのが、fusion_placeです。必要なデータを簡単な操作でExcelに出力することができる等、利便性あふれる機能面に魅力を感じました。
 導入にあたって、コード体系の未整備等、弊社側の要因により時間がかかるのではないかと危惧しておりましたが、fusion_placeにはコード変換をユーザ側が簡単に行う仕組みを持っていたこともあり、結局、わずか2か月で導入が済み、月次報告書が瞬時に出力することができるようにななったばかりか、これまで実現不可能だったプロジェクト別の損益管理もタイムリーに見ることができるようになり、従来より多くの時間を分析作業に費やすことができるようになりました。
今後は予実管理だけではなく、プロジェクト毎に異なる視点のKPIをタイムリーに管理し、より積極的に数値の分析、報告ができる環境をfusion_placeを使って構築していく予定です。

logo

株式会社メイコー

情報システム部 課長 金子 茂男 様
当社では従来、様々な切り口での収益分析・報告のためにAccess、Excelを駆使していましたが、業務手順が属人化し、また多くの時間を要することに問題を感じていました。事業規模の拡大に適時に追随していくには、こうした傾向に歯止めをかけ、分析・報告業務を見える化し、効率とスピードも改善する必要がありました。
このようなニーズを踏まえ、基幹系システムのリプレースも視野に情報システム再整備を進めているなかで「fusion_place」に出会いました。
fusion_placeはExcelに情報を出力したり、Excelのデータをデータベースに格納するのが大変簡単です。またメンテナンスが自社内でできるため、段階的に業務改善を行いながらシステム化をしていくことが可能です。部門レベル・メイコー単体レベル、連結経営レベルの経営管理ニーズにひとつのプラットフォームで柔軟に対応できるのも魅力的です。現状は本社の部門のみ使っていますが、今後工場や子会社にも展開していく予定です。

輸入車ディーラー B社

コントローリング部門 様
東京・大阪の輸入車ディーラーにおいて、予算・予測のとりまとめと予実分析に fusion_place standard を利用しています。
同業務では複数のソースのデータを統合する必要があり、従来まさに「Excelメタボ」となっていましたが、fusion_place によってそれが解消されました。データ集計の時間が短縮され、報告数値の分析と評価により多くの時間を割くことができるようになりました。
経営管理ツールに経験の深いメンバーが中心になって、製品の評価から実務への適用まで6ヵ月程度をかけて導入しました。最低限のIT知識があればユーザー自身で導入できること、試行錯誤しながらツールに習熟できること、そして、「こういう機能があればいいのに」というユーザーのちょっとしたニーズが取り込まれていることが fusion_place の魅力だと感じています。
今後、ユーザ-間で情報交換できる機会が増えてくることを期待しています。

他のお客様の声も、お許しを得て順次ご紹介して参りたいと存じます。

PAGETOP