fusion_place BM:予算管理

「fusion_place BM: 予算管理」には、予算管理業務全般を対象に、各社に応じたシステムを構築するためのたたき台となる機能が盛り込まれています。

特徴的には、以下のような実務的な機能を盛り込んでいます。

  • 2系統の売上予算の整合性をチェック
  • ラインアイテム入力による経費予算入力
  • 見通し情報の報告
  • 前回提出の見通し情報と実績の差異分析報告による見通し精度向上の狙い
  • 経費実績の伝票明細照会

機能概要

予算管理

提出部署:報告データの入力と提出

報告部署は、報告すべきデータを、専用のフォーム画面あるいはExcel画面から入力し、データをチェックしてから提出します。
入力データは数値・金額に限らず、コメントなども含めて一元管理されます。

予算管理

承認部署:提出データの確認と承認

承認部署では、提出されたデータを、個別に確認するだけでなく、傘下の全部署のデータを集計して確認することができます。また修正のためデータを差し戻したようなケースでは前回分からの変更箇所を確認することもできます。

予算管理

主管部署:データの調整・加工と報告

主管部署では、提出されたデータを必要に応じて調整し、配賦などの加工処理を経て報告数値を作成します。実績報告では主なデータは会計システムや販売システムから取り込まれます。人件費や減価償却費など一部のデータは、ワークフローを経ず、Excel 形式で各部署から入手することも想定しています。

予算管理

PAGETOP