選ばれる大学になるために~大学経営の高度化を実現する予算管理実践セミナー

セミナー参加記


2019年6月13日(木)に、株式会社アップライト様主催で、「選ばれる大学になるために~大学経営の高度化を実現する予算管理実践セミナー」が開催されました
早稲田大学様による fusion_place 導入事例のご紹介、アップライト様による大学経営における予算編成・執行管理のあり方に関するご講演がございました。


早稲田大学様のセッションでは、システム導入の中心となられた財務部財務課 池田聡史様が、導入の経緯、目的と導入効果を説明されました。
中長期計画“Waseda Vision 150”で掲げられた財務体質の強化を実現する一環として、予算立案・執行の単位である「事業」(教育や入試といった運営の区分)を細分化、階層化することで、柔軟な予算執行を可能にしつつ、学部横断での事業収支を把握できる予算制度を確立し、これを支える仕組みとして fusion_place による予算編成システムを構築されました。
予算目的の明確化、予算情報の即時反映・共有など、業務の大幅な効率化を達成できたとのことです。


当日会場には、関東近郊の私立大学財務ご担当者様を中心に、40名を超えるお客様が参加されました。
普段知ることのできない早稲田大学様の具体的な課題と取り組みのお話を受け、出席者から自校の課題にひきつけた質問が活発になされました。
講演の時間内におさまらず、休憩時間にも質問の列ができたほどで、皆様の関心の高さを実感いたしました。


早稲田大学様の事例詳細は、アップライト様のページをご覧ください。⇒ http://app-right.com/app_04100/pg202.html