fusion_place

KDDI様が fusion_place による採算管理システムの本格運用を開始されました

ニュース & リリース
KDDI株式会社様(http://www.kddi.com/)が fusion_place による採算管理システムの本格運用を開始されました。
 
採算管理を担当する3部門が、フュージョンズが提供する「fusion_place」の導入を4カ月で完了され、採算管理業務全般を支援するプラットフォームとして本格運用を開始されました。
 
今回「fusion_place」を導入したKDDIの3部門、経営管理部・グループ事業管理部・技術企画部では、採算管理業務においてさまざまな課題を抱えていました。
このような状況に歯止めをかけ、Excelに過度に頼らずに分析・報告業務の効率化とスピードアップを図るために、独自ツールの必要性を強く認識していました。
 
プロジェクトの開始に先立って、採算管理業務の基盤となり得るソフトウェアを調査し、以下の観点から「fusion_place」を選択しました。
 
・短期間で導入して効果を出せること。
・データ量が膨大なので、スケーラビリティとパフォーマンスに問題がないこと。
・基幹システムから出力されたデータのレイアウトをそのまま取り込むことができること。
・情報システム部門の助けを過度に借りることなく、業務部門のメンバー主導で導入・維持メンテナンスでき、さらには新たな業務ニーズに対応して拡張していくことが可能であること。
・プログラミングを必要とせず、ブラックボックス化しないシステムであること。
・担当者が変わっても引き継いで運用していくことができるよう、高度な専門知識が不要な仕組みであること。
 
採算管理業務のニーズに合うよう「fusion_place」を設定していく作業は、フュージョンズのコンサルタントの支援を得ながら、3部門のメンバーが推進しました。
 
詳しくは弊社プレスリリースを御覧ください。
 
フュージョンズは、このような取り組みをお支えするソリューションとサービスをご提供していく所存です。
 
今後ともよろしくお願い申し上げます。

2016年10月3日


代表取締役社長 村瀨司


 
〈リンク〉
弊社プレスリリース